スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局やりたいことってなんだろう?

「やりたいことって何?」

「やりたい仕事って何なの?」

「それに見つけ方ってあるわけ?」


どんな些細(ささい)な事でも、誰もが?一度はぶつかる壁ではないだろうか。

大学生で起業する人もいれば、ニートになる人もいる。
日本の子どもたちの大半は、小学校を卒業して中学校に行く。
この義務教育九年間・・・

はい!ここでストップ! 

ここが最初の分岐点です。
中学卒業後、進学を目指すほうが多いだろう。
しかし、それ以外の選択をする人もいる。

そぅ!「就職」である

そのほかにも、人生を左右するかもしれない専門学校への進学を選択した人もいるのではないだろうか?ちなみに、私がそうである。

十五歳 もう大人のあなたは何を考え生活していたでしょうか?
今まさに、学生のあなたは何を考えて生活をしていますか?


やりたい仕事(こと)ありますか?




幼稚園生のように、「パパのお嫁さんになる~」「宇宙飛行士になる~」とずっと言っていられたらどんなにいいだろう。

この義務教育九年間が終わり、進学して卒業していく人でも十八歳それまでには大人になっても難しい「やりたいことを見つける」ことが、進むべき学部や仕事を見つけることが、できるでしょうか?できたでしょうか?

でも見つけなきゃいけないんですよね・・・。

無責任かもしれませんが、漠然(ばくぜん)とでいいんです。

社会に出た大人たちでも、考えるんです。

ってか、大人でさえ考えていいんです。

仕事をしながら見つける人、夢を見たら思いついちゃった人、なんとなく今の仕事に就いたのにそれが面白くなった人、いろいろいると思います。

この本は、やりたい仕事の見つけ方、気づき方を書いていきます。
これを読んだあなたが、次の一歩を踏み出す時のヒントになればうれしいです。
 
さぁ やりたい仕事を見つける旅に、ご一緒しましょう。


ランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。宜しくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

次回 ”選択するのは「いつ」なのか?” >>続きを読む


スポンサーサイト

選択するのは「いつ」なのか?

・あなたは、いつ選びましたか? 


ここでは、まえがきの内容をもう少し深く掘り下げようと思っています。

現在、在学中の人やその両親に読んでいただきたく書いていますので、「別に興味ないよ」という方は、第一章まで進んでいただいても大丈夫です。

さて、中学卒業時に選択をする人もいると書いたが、卒業者の約2.3%の人が高校への進学をせず、専門学校や職業訓練校への進学や就職などをしている。

250人の卒業生がいた場合、約6人が将来を考え選択したということです。

現在、中学卒業者の専修学校への進学や就職というのは、昔に比べて難しくなっている。
平成22年の統計では、約1.6%が非進学者という結果を見ると、学歴社会となった今、その選択をする人も少なくなったのではないだろうか。

しかし、進学を選んだ人でも受験戦争が終わってすぐには、中学卒業後の三年間が重要になると、考えている人も少ないでしょう。

そう、この三年が重要なのです。

むしろ、大学受験を意識する人は、一年もないと思います。

なんとなく大学へ行く人もいるでしょう。
大学に行くとして、目指すは東大ですか?じゃあ学部は?

考える時間はあまりないというのは、就職組も同じじゃありませんか?なにを仕事にしますか?
二年生になってから就職を、意識し始める人は少なくないはずです。



そうです。大きな選択を最初にするときは「高校二年生」なのです。

遊びたい盛りの、16・17の高校生が、やりたい仕事(こと)を見つける為には、1日 29時間くらい必要になるでしょう。
だから、簡単にやれることから始めましょう。

二年生の1年間の暇な時間に「どんなことがしたいかなぁ」それだけで十分です。
考える時間を持ってみましょう。
 
すると、調べてみたいことが増え、企業の情報も把握することができる。

そうすると、はじめの一歩を、最初に踏み出したあなたの就職活動は、余裕を持って臨めるだけでなく、良い結果になるでしょう。

しかし好奇心旺盛な年頃に考えることは、二転三転することでしょう。
友達の言葉一つで考えが変わることもあります。ありました。

ですから、ここで下した決断が絶対ではない。
しかし現状で、できる最高の決断にする為に本書を読んでもらえればと思っています。


高校卒業者の約45.5%の人は、大学への進学をしません。
就職に向けて専門学校へ進学する人を含め約半数近くの人は、高校卒業後に将来従事する職業に向けて進路をとることになります。

私は、この現状を知り提案させていただきたいことが一つあります。

学生のアルバイトの雇用促進及び校則でのアルバイト禁止の撤廃です。

やはり学生の本分は、勉強であるのは間違いではありません。
しかし、意欲を持ってアルバイトをしたい人もいるはずです。

選択肢の幅を広げてあげるべきです。
就職難といわれていますが、職種は増え続けているのです。

人気のある職種もあれば、伝統工芸品や技術のある町工場などが、後継者がいないが為になくなっていく事実もあります。 

学生の時給は、決して安くはありませんが、高くもありません。
これは、企業にとってもチャンスだと思いませんか?

学生のアルバイトを雇い選択肢を与えてあげる代わりに、将来の人材の確保、後継者の確保ができれば、一石二鳥ではないでしょうか?

話がそれてしまいましたが、後ほど深く掘り下げることとして。

社会に出てからでしか、できない選択肢も存在します。
知らない情報もあるでしょうし、新しい仕事も増えるでしょう。

やりたいことを見つけるのは、そう容易(たやす)いことではありません。

よって、あなたの未来を、思っているより明るいものにするために、本書で何かを感じ取ってくれたら幸いです。
長ったらしい話に付き合っていただき、ありがとうございました。

さぁ ここから先が本題です。
新しい発見の旅に出ましょう。


ランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。宜しくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

次回 ”やりたいことを知ろう” >>続きを読む


プロフィール
ニートマスターです。さまざまな経験から見つけたヒントを皆様のお役に立てればと思い発表することにしました。お読みいただきコメントなどもいただければ幸いです。
ランキングサイト
ランキング参加中です。応援して頂けたら幸いです。  宜しくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
カウンター
ブロとも読者の方々
ブロとも申請フォーム
リンク
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。